直(nao)のプロフィール

プロフィール
この記事は約8分で読めます。

 

こんにちは!

ブログにご訪問下さり、有難うございます。

直(nao)と申します。

2人の子持ちのアラフィフ美容ブロガーです。

子育てが少し落ち着いた40代半ば、遅ればせながらエイジングケアを始めて以来、ドハマリしたまま現在に至ります^^

その甲斐あってかアラフィフ中盤の現在は、一時期ひどかっただらしない顎ラインや、体の余計なお肉もだいぶん取れて、数年前より体のコンディションが格段に良くなったのを感じています(#^^#)

正直「もう終わってる・・・」と投げやりになった時期もあったのですが、今ではあの時諦めなくて本っっっ当に良かったと思っています。

顔のたるみや体の肉付きって老けた印象に直結するので、逆にちょっと改善されただけでも、だいぶん見た目年齢が変わるんですよね。

このブログでは、私の体験をもとにアラフィフからでも効果のあるエイジングケアや、同世代の方に役立つ美容情報をご紹介していこうと思っています。

どうぞよろしくお願いします!

 

ブログの管理人直(nao)について

 

夫と多感な年ごろの子供2人の、4人家族。

結婚前はお花関係の会社に勤務していました。

結婚後、夫の転勤に伴い仕事を辞め、34歳で1人目の子供を出産。

その後少し間を開けて2人目を出産しました。

現在アラフィフ世代ど真ん中です。

 

気が付けば、顔も身体もたるんでくたびれた「ザ・オバサン」に!!

こんなに可愛かったら良かったんですけどねぇ。

 

私が自分の容姿の急速なオバサン化に危機感をおぼえたのは、46歳の時。

大学時代の友達と13年ぶりに再会した際に一緒に撮った写真がきっかけでした。

もうその時の衝撃と言ったら!!

そこには好きな仕事を続けて今も独身生活を謳歌している、華やかで自信に満ちた笑顔の友達と、隣で弱々しく笑う、くたびれた顔の中肉中背のオバサン(私)の姿が。。。

写真て残酷ですよね、まさに真実の姿しか写らない。

「え。これワタシ?」

分かっていながら思わず3度見してしまいました。

もちろんその写真は即効カメラから消去です!(笑)

 

どうしてこうなった!??

 

46歳!?いやもっと早く気付こうよ (-_- )

って話ですが、それまでは心身ともに衰弱しきっていて、自分の見た目なんかにかまう余裕が全く無かったんですね。

上の子を妊娠している間、入院したり家で絶対安静状態が続いたりと体調が安定せず、出産後はそのままウツ状態に。

当時は人と話すのはもちろんのこと、外に出るのすら苦痛を通り越して恐怖以外のなにものでもなく、買い物や子供のお散歩に出掛けるのも意を決してやっとの思いで、といった状況でした。

 

この時期のことは正直、記憶も断片的にしかなくて、とにかくただただ毎日が辛かったことだけ覚えています。

家の中でも子供の世話と本当に必要最低限の家事をなんとかこなすので精一杯。

風呂場のタイルに付いた赤カビを、「ああ、赤いな・・・」とボーっと眺めるだけでなにもせず、見かねた夫が厳しい顔で代わりに掃除してくれて、その無言の抗議にまた落ち込む・・・と言う感じの日々でした。

そして外でバリバリ働いている同年代の友人や、私のように子育て中なのに、家事はもちろん自分のケアもしっかり出来て“ちゃんと生きている”周りの人と比べては、自分の不甲斐なさに焦り、自己嫌悪の日々を送っていました。

子供が幼稚園に入った頃から少~しずつ、数年かけて持ち直していって、その後どうしても欲しかった2人目を妊娠、出産したのですが、下の子が小学校に入るぐらいまでは、やはり自分の事なんてかまう気力は持てず。

相変わらず鏡の前でじっくりスキンケア、なんて無縁な生活をしていました。

 

藁をもすがる思いで一念発起 !!

 

そんな中です、件の友達に会ったのは。

一緒に撮った写真を見直した時のショックは今でも忘れられません。

「これは流石にマズイ。」

このまま放置していたらあと数年後、50歳の頃には見た目年齢プラス10歳くらいになってるかも(汗)(汗)!!

と数年後の自分がリアルに想像できてしまい、さすがに現状のまずさにもの凄い焦りを覚えたんですね。

数年前に比べたら精神的にもだいぶん落ち着いていたし、今ここで自暴自棄になるにはまだちょっと早いんじゃないの!?という気持ちも出て来て。

そこから一念発起して、エイジングケアに取り組むようになりました。

 

「迷走」の末たどり着いた基本

 

エイジングケアと言っても、最初の頃は何から始めたらいいのか分からなくて迷走していました。

とりあえずやってみたのが、オシャレな格好をしようと思ってファッションを変えた事。

後から考えるととても安直な話です。

というかそもそも、エイジングケアとも呼べないような(笑)

もともとブランド物などにも興味がなくて、洋服を選ぶ時はシンプルで着心地の良い素材重視、格好もジーンズやパンツスタイルが多かったのですが、この時期は遠い昔に忘れ去っていたオンナの部分を取り戻すべく、あえて超フェミニンファッションに挑戦‼

でも似合わないんですよ、思わず鏡から目を背けてしまうぐらい(笑)

まあそれもそうですよね。

だってもの凄いオバサン体型になってるし!!

ちょっと首を傾げただけで現れるだらしない二重アゴ、丸みを帯びた猫背の中年体型、フルフル揺れる二の腕・・・。

「そういえば買ってきたワンピース、前より2サイズ上だったな~ははは」なんて。

鏡を見ながら「うん。これはファッション以前の問題だわ」と静かに悟り、

以降スキンケアやボディケア、運動、生活習慣の改善など、エイジングケアの根本的な部分を見直すようになりました。

そうしていくうちに、それまでシンプルな手作りコスメで済ませていた基礎化粧品などにも気を遣うようになり(手作りコスメも良いんですけど、年齢的にちょっと物足りなくなっていました)、同時にオーガニック製品なんかにもハマりつつ、自分に合うもの合わないもの、色々試してみて、使い方などにも段々こだわるように。

同時に顔のたるみや体のあちこちにあった余分なお肉も少しずつ減って、心身の不調もだいぶん改善されるようになっていきました。

 

今からでも遅くない!でも諦めたら、そこで終わる!!

 

これまでの数年間、エイジングケアを続けてきて実感したこと。

それは、

「エイジングケアはアラフィフから始めたって、決して遅くない!」

という事です。

そりゃあどれだけ頑張っても、整形でもしない限り、20代の見た目には戻れません(・・・まあそもそもアラフィフで20代に見られたいなんて思う人も、逆に少ないと思いますが)。

でも例えばマイナス10歳の、アラフォーぐらいの見た目を取り戻すことは十分に可能です!

少なくともこれからエイジングケアに取り組めば、これから先5年後、10年後の容姿は全然変わってきます。

逆に、いま諦めたらそこで終わり!!

たるんだお肌、揺れるぜい肉はそのまま引力に引きずられ続け、ザ・オバチャン街道まっしぐらです。。。

 

見た目の若さは自信に直結する

 

最近は「年齢を重ねてもありのままの自分の姿を受け入れるのがいい。若さにしがみ付くのはみっともない」という声もよく聞きますよね。

一時期加熱した「美魔女ブーム」の反動でしょうか。

確かに私も、加齢を含めてありののままの自分を肯定することはとても大切だと思っています。

でもだからって、

「じゃあもうシミシワだらけの弛んだブルドッグ顔でもいいや!」

と簡単に割り切れないのも事実。

特に多くの女性にとって、見た目って自信に直結するのが本音だと思うんです。

それは年齢を重ねてからも同じこと。

それに、ありのままを受け入れることと、放置することは違いますよね。

なにも過去の自分にしがみ付いて、現実から逃れたい訳じゃあないんです。

人生100年と呼ばれるこの時代。

仮に現在50歳だとして、100歳までもう一度50年あるわけです。

それだけ長い年月を、「歳だから仕方ない」と初めから諦めるのは、やっぱり勿体ない。

「 やれる事はやった上で、それでもどうにもできない部分は穏やかな気持ちで受け入れていく」というのが私の理想です。

 

当ブログで発信していきたいこと

 

今の40代、50代の女性って、以前と比べて若々しい人が多いですよね。

女優さんやタレントさんはもちろん、一般人でも努力して変わらずキレイをキープしている人って多い印象です。

でも中には色々な事情から、私みたいに長いこと自分のケアを放ったらかして、

「気が付いたら顔も身体も大変なことになっていた(汗)今からでもなんとかしたい‼」

という方も結構いらっしゃると思うんです。

このブログでは、そういう方々に向けて、私のこれまでの経験からエイジングケアに関する有益な情報をご紹介していきたいと思っています。

あなたにとって少しでもお役に立つ情報が見つかれば、幸いです。

どうぞ宜しくお願い致します(^^♪

 

直(nao)

 

 

 

 

ご相談受付中

 

 

ただいま年齢肌のスキンケアに関するご相談を受け付けております。

わたくし直(nao)がこれまでの経験をもとに、あなたのエイジングケアのご相談に乗らせて頂きます。

エイジングケアは、正しく行えば何歳からでも効果はあるもの。

今までの私の経験が、少しでもあなたのお役に立てば幸いです^^

どうぞお気軽にご相談ください!

 

⇒お問い合わせはこちらからどうぞ。

 

ここまで読んで下さり有難うございました。

直(nao)でした!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました